臭いの原因の宝庫

デリケートゾーンは複数の臭い原因物質が発生する場所です。

 

ワキだとアポクリン腺から出る汗や皮脂だけです。

 

しかし陰部周辺では、合計3つの臭い源があります。

 

デリケートゾーンの臭い発生源

アポクリン汗
  • ワキとともにアポクリン腺が集中的に分布している場所です。
  • ワキガのある人は陰部からも同じ臭いが発生し、それは「すそわきが」と呼ばれます。
おりもの・膣からの分泌物
  • 健康ならおりもの自体には臭いは少ないですが、雑菌で変質すると悪臭を放ちます。
  • ストレスや病気があるとおりもの自体が臭うこともあります。
尿
  • 拭き残しの尿に雑菌が繁殖するとトイレのような臭いを発します。

 

清潔がまず第一の対策

アポクリン汗もおりものも尿も、はじめはあまり臭いはありません。

 

雑菌が繁殖することによって分解され、悪臭物質が生まれるのです。

 

ですから、清潔が何よりも重要な対策です。

 

毎日、入浴し、デリケートゾーンは重点的に洗浄することです。

 

夏場は朝のシャワーと夜の入浴の併用が理想でしょう。

 

日中はトイレの後などに丁寧に拭くこと。

 

汗をかいたな、と思ったら、ウェットティッシュできれいにするのも効果的です。

 

また、生理用品は頻繁に交換するようにしましょう。

 

ワキガ対策商品の活用

すそワキガのある人は、ワキガ対策クリームなども使っていきましょう。

 

粘膜は避け、陰毛が生えている範囲にします。

 

陰毛の整理

陰毛は雑菌の温床となります。

 

多すぎる人は脱毛も考えてみてはどうかと思います。

 

脱毛専門のサロンがVIO脱毛というメニューを用意しています。

 

V=アソコの正面部分
I=股間
O=肛門周り

 

陰毛がなくなると清潔を保つのが容易になり、臭いケアにも有効です。

 

VIO脱毛をする女性はかなり増えています。

 

完全に脱毛すると、人と入浴する際などに恥ずかしいので、正面から見える部分に少し残し、後は完全脱毛する人もいます。

 

ただ、お金が或る程度かかる点と、パートナー男性の好みが関係する点がネックです。

 

おりものの臭い対策

おりものの正体は子宮や膣から剥がれ落ちた組織などです。

 

通常は膣内にはデーデルライン桿菌という善玉菌が常在して、衛生を保っています。

 

乳酸を産出して膣内を酸性に保ち、雑菌の繁殖を防いでいるのです。

 

だから健康な状態だと、おりものはかすかに酸っぱい臭いがする程度です。

 

おりものが臭うというのは、たいてい膣外に放出された後に雑菌が繁殖して臭っているのです。

 

だから、まずは清潔を保つことを意識してください。

 

しかし、まれにおりもの自体に悪臭があることもあります。

 

第一に考えられる原因はストレス。

 

ストレスがかかるとおりものの量が増え、臭いも強くなります。

 

原因を取り除き、リラックスできるよう工夫しましょう。

 

第二は性病。

 

クラミジアは非常に感染例が多いですが、女性は自覚症状がほとんどありません。

 

エッチの後、数日してからおりものが臭うようになったな、と思ったら怪しいです。

 

「死んだザリガニのような臭い」とも例えられる臭いです。

 

長期間放置すると不妊の原因にもなっていくので、自覚症状がなくてもぜひ治すべきです。

 

自分だけ治してもまた感染するので、パートナーと一緒に治すようにしましょう。

 

第三は、腫瘍などの子宮系の病気です。

 

強い腐敗臭がする場合は、疑いが濃厚なので、すぐに産婦人科医に見てもらうようにしてください。