【ワキガや体臭を軽減する臭いケア食生活のコツ】

肉中心の食生活は臭うもと

食べ物も体臭を大いに左右します。

 

ワキガや体臭の原因は、アポクリン腺という汗腺から出る汗に含まれる原因物質が雑菌によって分解されて臭うことです。

 

その「汗に含まれる原因物質の量」が、普段の食事内容によって増減するのです。

 

「ニオイのきつい食べ物」は一時的な問題

このように言うと、にんにく、ニラ、焼き肉などの「ニオイのきつい食べ物」に注意すればいいんだ、と捉える人がいます。

 

それは違います。

 

そういうものは一時的なニオイの問題です。

 

特に体臭に悩みのない人も大事な人と会う時には気を付けることです。

 

大切なのは、普段の体臭を軽減するような食事をこころがけることです。

 

肉・乳製品中心の食生活がよくない

肉が大好きで野菜を食べないと体臭が強くなります。

 

肉が好きなのはしょうがないと思いますが、野菜や果物も食べてバランスを取るようにしてください。

 

野菜を摂ると食物繊維摂取が増え、便秘解消につながります。

 

別なページで書いているように、古い便が腸内に滞留すると口臭・体臭の原因になります。

 

発生した悪臭物質が腸壁を透過して血液に吸収され、全身をめぐるからです。

 

野菜を食べること便秘を防ぐ面でも体臭軽減に役立つのです。

 

便秘解消にはヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取することもいいですが、乳製品は体臭を強くする面もあるので注意してください。

 

特にチーズなどを大量に食べていると、体臭が強くなります。

 

酒・たばこも体臭を増す

あと、注意すべきはお酒とタバコです。

 

なかなかやめられるものではないですが、少し控えめにするだけでかなりましになります。